PRYNT利用者インタビュー:ミス立教 ファイナリスト 伊藤茉菜

2017/10/16

1、自己紹介

――お名前を教えてください。

はい。伊藤茉菜と申します。立教大学4回生の21歳です。今回のミスコン参加者の最年長です。ニックネームは、「いとまな」です。

――ありがとうございます。大学ではどのような学部に所属されていますか?
異文化コミュニケーション学科を専攻しています。先日スコットランドにも3ヶ月留学に行っていました。ハリーポッターが大好きで、憧れのエディンバラ大学にも行くことができました。とても良い思い出です。

――では海外旅行もよく行かれるんですか?
はい。趣味は旅行で、韓国・カナダ・ハワイ・香港・タイ・台湾など色々と行っています。今後もたくさんの国へ旅行に行きたいですし、異文化にも興味があるので、英語の勉強も頑張りたいと思っています。

2、ミス・ミスターに参加した経緯

――今回ミスコンに参加した経緯を教えてください。
自らミスコンに立候補しました。実は参加者の多くは2回生・3回生なんです。でも、大学生活最後のイベントになりますし、勇気を出して参加することで、必ずいい思い出になると思いました。年長パワーで頑張ります!笑

――年長パワーでファイナリストまで選出されましたね。笑
はい。笑 自分でも驚きですが、ここまできたら優勝していい思い出を作りたいです。

3、Pryntのようなインスタントカメラは利用していますか?したことはありますか?


――今回Pryntを利用していただきましたが、インスタントカメラって利用されたことはありますか?
はい。実はプライベートでチェキを使っています。

――チェキの使いごごちはいかがですか??
チェキは日常生活の風景を撮影するのにも便利ですし、手軽にオシャレな写真が撮影できるので、とても気に入っています。出かける時はカバンにチェキを忍ばせていました。笑

――そうなんですね。笑 具体的にどんなシーンでチェキを利用していますか?
日常生活はもちろんですが、何かイベントがあるときに利用しています。イベントって写真を撮影する機会も多いですし、写真は思い出になるので積極的に撮影していました。
やっぱりチェキみたいなインスタントカメラはこういったシーンでも使いやすいですし、思い出も簡単に残せるのでいいですよね。

そうですね。他に使い方で気をつけていることはありますか?

チェキで撮影をしたあと、写真に手書きでメッセージを書いています。文字を書くことでさらに思い出が残りやすいですし、手作り感があって愛着もわきます。

4、 Pryntの動く写真を初めて見た感想は?

――では「撮影した写真が動く」Pryntですが、初めて撮影した時の感想を教えてください。
とにかくすごいの一言です。笑 そもそも写真が動くという概念がなかったので、一体どういった技術で写真が動いてるんだろう?と不思議にも思いました。
ハリーポッターの魔法の世界です。笑

――確かに魔法の世界ですね。笑 写真が動くことについてどう思いますか?
すごくいいと思います。チェキのように写真だけではなく、Pryntは動画にも記録を残せるので、さらに思い出を残すことができると思いますよ。チェキに替わる次世代カメラが登場した感じです。笑

5、今現在Pryntをどのようなシーンに利用していますか?


――では、実際Pryntを今どのように利用してるか教えてください。

「写真が動く=すごい」と思って使い始めたんですが、最初はどうやってPryntを使いこなすか悩みました。普通に撮影するのもいいんですけど、「少しオシャレに撮影したい!!」と考えてしまい……結果、余計悩んでしまいました。笑

――なるほど。笑 その悩みは解決されましたか?

はい。笑 まずは友達とランチをするときに使ってみました。表参道のオシャレなレストランで。笑 食べ物を撮影したり、オシャレなレストランを背景に撮影したり。

あとは友人とピザパーティーをしたときにも撮影してみました。ピザパーティーに関しては、「オシャレに撮影!」を意識したわけではなく、盛り上がってる感じを演出するために友達とはしゃいでるシーンを撮影しました。
「いぇーーーい!」みたいな。笑

――とても楽しそうですね笑
はい。笑 楽しかったです。実際Pryntを使ってみて思ったのが、撮影する方法を難しく考えなくても、Pryntで撮影するだけで友達と盛り上がれるし、オシャレに撮影することもできたということです。

――あまり考えすぎずにPryntで撮影すればいいということですね。
はい。その通りです。ですから、これからは普段何気ないシーンを手軽に撮影してみようと思います。

6、Pryntを友人に見せたとき、友人の感想は?

――今回ピザパーティーやレストランで友人とPryntを利用されたかと思いますが、友人の方はどんな反応でしたか?

とてもびっくりしていました。「え?なにこれ!!」「すごい」って。笑
私もそうですが、そもそも写真が動く概念がないので、写真が動いた瞬間の反応が面白かったです。Pryntを持っていて、友人との話題作りにもなりましたよ。

――写真が動くって新しいですよね。
はい。写真だけでもオシャレに撮影できるし、友達もPryntがほしいと言っていました。笑

――では、ぜひ購入してみてください。笑

7、インスタグラムなどのSNSにPryntを利用しましたか?

――PryntはSNS映えすると言われていますが、Pryntを使って投稿はされましたか?
はい。私はツイッターで一度Pryntで撮影した動画を投稿してみました。

――反応はいかがでしたか?
コメントもたくさんもらいました。Pryntってまだまだ知らない方が多いので、実際写真が動いていると気づいてない方もいましたね。笑 Pryntの写真を鏡と勘違いされてた方もいました。笑

――確かに初めて動画だけ見ると、写真が動いているってわからないですよね。
はい。そもそも写真が動く!という概念がみなさんありませんので……笑
Pryntは人とは違う投稿ができるという点でも非常に魅力的だと思います。周りとは違った投稿がしたいと思えばPryntで投稿するだけで差別化できてしまいます。笑

8、これからPryntをどのように利用していこうと考えていますか?

やっぱりイベントの時ですかね。Pryntみたいなカメラを持っているだけでみんなで簡単に盛り上がることもできるし、話題にもなります。あと当然写真なので、思い出にもなりますし。
Pryntの良いところは、写真だけではなく、動画もその写真に保存されているので思い出が残しやすいという点です。

――思い出って振り返りたくなりますよね。
はい。もちろん写真だけで思い出を振り返ることはできるんですが、その場の動きや音を一緒に保存してくれ、同時に再生ができるので思い出作りにはとてもいいと思います。

――その他での利用シーンはいかがですか?
やっぱり今回のミスコン時にたくさん使用したいと思っています。
大学生活の中で一番の思い出になりますし、こうした思い出をPryntを利用して残すことができればとても嬉しいです。

あとは日常生活で友人とお出かけするときに気軽にPryntで撮影したいです。
大学生活も残りわずかなので、何気ない日常をしっかり記録していきたいです。Pryntをこれからカバンに忍ばせて、どんどん撮影していきます。 笑

――ありがとうございます。では最後にミスコンの意気込みを聞かせてください。
6月からスタートしたミスコンがいよいよ大詰めになってきました。悔いのないよう精一杯年長者らしく最後まで頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

――どうもありがとうございました。

関連タグ

この記事を書いた人

PRYNT magazine編集部

PRYNT magazine編集部

好きな写真をいつでもどこでもプリント

スマートフォンがインスタントカメラに変身!毎日を写真でもっと楽しんで。